12/9お店日記転載記事です。


2017年のミズマチのソーラーリターン・チャート

リクエストをいただいて1/13にソーラーリターンのワークショップを行います。
その関係で、数年分の自分のソーラーリターン・チャートを見ていたのですが、今年のはなんだかそのまんまで面白かったのでご紹介します。

年に一度の誕生日は、西洋占星術では「ソーラーリターン」と言います。
出生(ネイタル)の太陽に、経過(トランシット)の太陽がぴったり重なるタイミングのことです。
厳密に計算すると、日にちが前日や翌日にずれたりもします。

そのタイミングで出した図をソーラーリターン・チャートと言い、その年の誕生日から翌年の誕生日までの運勢を表していると言われています。

私は春生まれなので誕生日から誕生日の期間は、もう半分以上が過ぎました。
今年は7ハウスの太陽で、パートナーが見つかったりするかしら?
月も8ハウスだし、結婚とかもありかも〜(*´ω`*)
と、脳内お花畑な予想を漠然としていたのですが、もちろん大外れ。(涙)
実際はお仕事での「コラボ」が多い年になりました。

10月は星読みたりあさんのトークショーに呼んでいただき、11月は八雲あかね先生、甘夏弦先生、天海玉紀先生と組んでの山羊土星講座、今月末行う天海玉紀先生との年運読み講座は、謎の進化を遂げて30人も入る会場でやることになってしまったし、1/17には八丁堀の2Fcoffeeさんに呼んでいただいて、初心者向けのタロット講座を行います。

ネイタル図では7ハウスに何も入ってないのですが、7ハウス太陽ってこういうことかー! と実感できて面白いかったです。
ソーラーリターン・チャートはここ何年か、カデントハウス(3、6、9、12ハウス)を回っていたので、違いをはっきり感じました。今年はホントに慌ただしかったです。アンギュラーハウス(1、4、7、10ハウス)はやっぱり具体的な活動を伴いますよね〜

パートナーゲットにはいたらず講座ばかりやっているのは、3ハウスに冥王星が入っているからですね。
春からスタートした初心者さん向けの講座は断続的に秋まで続けることができて、自分にとって当たり前なことをきちんと一から説明するということを、とにかく徹底的にやったなと思いました。

来年のも見てみましたが、太陽は3ハウスの終わり。
4ハウスも見えていますので足場を固めつつ、引続き講座三昧の日々なのか…!?

というわけで、1/13のワークショップではソーラーリターン・チャートの読み方の解説をし、ご自身で1年の予想を立てていただく予定です。
何年分かのチャートをお出ししますので、数年の流れを振り返りつつ1年の予想を立ててみてください。お申し込みお待ちしてます!

ソーラーリターン・チャートを読むワークショップ