こんばんは。
ちょっと遅れてしまいましたが、双子座火星タロットスプレッドを考えてみました。

ウラナイ8のほうには「双子座火星期間の過ごし方」という記事をアップしてあります。

今回の火星は逆行もあるため長期間双子座に滞在します。
来年2023年3月25日まで、半年以上ありますね。

こちらの記事では12サイン別マルチタスクを書きましたが、スプレッドは2つの仮面を被って使い分けることをテーマに考えてみました。

双子火星2つのペルソナスプレッド

まずは「使い分けるべき2つの仮面」としてコートカード16枚の中から2枚引いてみてください。
「職場と家庭」「仕事と趣味」のように場面を想定してもよいですし、しないまま引いたカードから使う場面を思い描いてもいいと思います。

そして大アルカナカード22枚の中から「2つのペルソナを統合する叡智」として1枚引きましょう。
単純に使い分けるためのアドバイスとして捉えてもいいし、なんのために使い分けるの?という質問でもいいかも。

カードの正逆は取っても取らなくてもいいですが、取らない方が読みやすいですね。

ということで自分でも早速引いてみました。

ペルソナ1、2はワンドのキングとペンタクルスのキングの逆位置です。

ワンドのキングは先頭を切って遊んだりクリエイティビティを楽しんだりせよということですね。
楽しんでることをみなさんに見せるのも大事なのだと思います。
牡羊木星期間でもあるので(魚木星に戻る期間もあるけども)堅苦しいのはダメですね。

ペンタクルスのキング逆位置は、キャリアやステータスを隠しておけかなというふうに見ました。
偉そうに振る舞わないとか、できる人として振る舞わないとか。
ビジネスっぽさを出さないことがいいようです。

使う場面は特に想定しませんでしたが、占いの仕事がワンドのキング、デザインの仕事がペンタクルスのキング逆かなと感じました。

「2つのペルソナを統合する叡智」は奇術師の逆位置。

解釈を少し悩みましたがペルソナ1、2との組み合わせを考えると、「なんでも軽々しくやらない、引き受けない」でも「準備もしすぎない」あたりでしょうか。

個人的には6ハウスを火星が回るので、引き受けすぎて潰れそうに感じたので「やりすぎない」「自分が主導権を握る(キングなので)」を大事にしようと思いました。

今回のスプレッドはカードを分けないといけないのでちょっと面倒臭いですが、練習がてらやってみてくださいね。

ハッシュタグはこれで!
#双子火星2つのペルソナスプレッド

タロットと水晶で鑑定します

自分では読めないという方に、メール鑑定をお引き受けします。
タロットまたは水晶リーディングです。
*料金が違います。

主に双子座に火星が滞在する来年の3月までを見ます。

締め切りは特にありませんが来年の3月くらいまで。
お振り込み確認後、1週間〜10日程度でお送りします。
(いつもより少し時間がかかると思います。すみません)

メール鑑定はお振り込み手続き後はキャンセルできません。
悪しからずご了承くださいませ。

タロットコース

1.ペルソナ1
2.ペルソナ2
3.2つのペルソナを統合する叡智

上記の3枚引き、7〜800文字程度のテキスト。
*ペルソナ1、2で使い分けたい場面がある方は、お申し込み時にコメント欄にお書きください。

料金:2000円

水晶リーディング

1.ペルソナ1
2.ペルソナ2

上記の2シーンのイメージ画、7~800文字程度のテキスト。
*ペルソナ1、2で使い分けたい場面がある方は、お申し込み時にコメント欄にお書きください。

料金:3000円

お支払いの詳細とキャンセルポリシーはこちら→
特定商取引法に基づく表記についてはこちら→

9/17よりzoomでタロット講座も行います。
お申し込みお待ちしています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事