9月のタロット読み練習会では、引退を発表された滝沢秀明さんの今後を占いました。

タロット読み練習会はマックス4名としていますので、だいたいひとりひとつずつ質問を出していただく感じです。
個人的なお話が多いですが、この日はこの話題を出してくださった方がいましたので、これを。
実際に滝沢さんがどう思ってるか、周囲の思惑がどうなのかは想像の域を出ないのですが、試しにやってみました。

結果がこちら!

これは私が並べたもの。私も毎回いっしょに並べています。

以下は、参加されたみなさんのもの。
カードを比べたいので、スプレッドは質問ごとに私が決めて、固定しています。

いや〜、すごいですよね。
恐るべき、悪魔率の高さ!
5人中4人が出していて、しかもそのうち3人が結果のところに出しています。
正義の女神も3人。
大アルカナ、コートカードが多い印象です。

悪魔を、8ハウス的な、誰かのまたは何か組織のいいなりになる、と見れば、納得の形です。
後進のプロデュースというより、支配下に置く人を集める感じがするカードです。
滝沢さんがジャニーさんの支配下に完全に入る感じもありますね。
(あくまで、悪魔のカードから見たら、ですよ)

ジャニーさんが引退をしたら、これらのカードの意味が本当にわかる日が来るんだろうなと思うので、記録として残しておきたいと思います。

おまけ

ホロスコープも見ておきましょう。

牡羊太陽で、裏方でほんとにいいの?と思ってしまうのですが、ハウスが8や12などで、活動の現場が裏方エリアなのかもしれません。
ジャニーさんの意思を継ぎたい、は、蠍木星が言っています。
発表のタイミングが月が蠍に入った瞬間になされているし、ジュピターリターンも迎えていて、木星が周りからの期待に答えているわけです。
木星をやって恩恵に預かる、はお仕事として正しいと言えば正しいです。牡羊的にそれでいいの!? とは思っちゃうけどね。

この方は牡羊太陽ですが、天秤に火星、土星、冥王星とあって、パートナーが居るということや、周囲の人に認めてもらうというのがすごく重要。
天秤太陽の今井さんとのコンビネーションはとても良かったのですが、コンビ解散せざるを得なかったのは痛手でした。

プログレスの月も天秤に入り、周囲に認めてもらうために意思表明し、行動しますという時期に入っています。
そして蠍木星の要望に答えるのは、牡牛の月も安心(ただし、時間によっては双子かもしれません)。

牡羊太陽としては、山羊土星がスクエアになっていますので、少々責任が重そうですよね。
太陽に時期運の応援があまり入ってないのが、心配なところです。

滝沢さんは太陽天王星トラインも持ってるし、代替わりしたらガラッと方向性変えちゃうんじゃないですかね。
常に新しいことをやっていないと気がすまない牡羊さんなので、また表舞台復帰もありかもしれません。
今後のご活躍が楽しみですね。

10月のタロット読み練習会はこちら。ご参加お待ちしています。

10/11(木)タロット練習会(毎月第2木曜夜)