12/23お店日記転載記事です。


昨日は翡翠照子先生の「易で占うあなたの2018年」というのに参加してきました。
冬至に開催されるこのイベントは今年で3回目。私は初参加です。
毎年瞬殺のこのイベント、今年は時間的に平日の早朝になってしまったため、私も滑り込みで参加することができました。

天海玉紀先生による2015年のレポート
天海玉紀先生による2016年のレポート

一陽来復のこの日に、これから1年の運勢を占うというものでした。
易は陰陽の組み合わせで森羅万象を読み解くもので、ごくごく基礎のお話を伺ったあと、昨年も参加された方々(参加者の約半数でした)の検証レポをお伺いしました。

そのあと、ひとりひとり自分自身で易を立てます。
翡翠先生に筮竹と算木をお借りしてやりました。
うひょー! 本格的だー!
まずこのグッズが欲しくなって、帰ってからすぐググったのは私です(´∀`*)←何事も見た目から…

私の結果はこれ!

一陽来復の日に地雷復を引くとは、なんだかめでたいな!?
「復」は冬至から新年を指すのだそうです。
陰が5つに陽が1つでこれから春に向かって、どんどん暖かくなるよということみたい。
爻は二爻です。地沢臨。

以前やってやりきれていなかったことなどを、あらためてやると良いという卦でした。
家に帰って改めて調べてもみましたが、以前失敗しているのだから計画性も大事!とのこと。
ああ、山羊っぽいな…

最初に見た時は今はやめている音楽関係のことかなと思いましたが、そっち方面で今やりたいことは思いつかない。
別のことでは多少の心当たりはありますが、やってたというほどのことでもない…(地雷復は新規のことではないので)
ということで、ちょっと保留です。

ただもしかして、と思ったのは、易は勉強しかけて止まったままなので、ちゃんとやりたいかも、と思いました。
不遜なことに他店に入っていた時は、易や九星気学をメニューに入れていたんですよね。
昨日、翡翠先生の初歩の初歩みたいなレクチャーが妙に腑に落ちたというか、目からウロコだったので、帰ってきてから持っていた本を読んだら、すんなり頭に入ったんです。

私は丸暗記が苦手なので、基本的な考え方というか、最初の「公式」みたいなのを理解するのがすごく大事。
それをどんどん検証、応用していって、知識を深めたい!って思うんですよね。
これをやりなおすことこそ地雷復じゃないですか?

最後に、私のおすすめの初心者向けの易の本はこちら。

この先生は山羊ステリウムの方で、とてもわかりやすく簡潔に書かれています。
筮竹を使わずとも、誰もが持っているコインで占う方法を広めた方だそうです。(私は8面体サイコロと6面体サイコロを組み合わせて利用しています)
一般人が占いをするに当たっての基礎知識もしっかり書かれていて、土サイン的安心感に満ちています。

お店にも説話社さん発行の易の本を入れていたのですが、品切れしているのでまた入れておきますね!
興味ある方はぜひご覧になってください。