本日もトナカイにご来店ありがとうございました。
今日は世代の価値観の話です。

きっかけは夏瀬杏子先生のこのツイートでした。

蠍に土星がまわっていた2012〜2015年には、ご相談でよく聞きました。
不労所得どころか、男女問わず「専業主婦(夫)になりたい」というコメント多し!

もちろん個人天体のサインによっても違いは出てきますけど、割と抵抗なく口にできるのがやっぱりこの世代だなぁと。

冥王星という天体はゆっくり進んでいきますので、世代天体と言われます。
世代の価値観を示します。

【獅子座】(1939〜1956年生まれ)

生きることにどん欲な世代。
人生を楽しみ、生きる喜びを作り出す。

【乙女座】(1956〜1971年生まれ)

勤勉で細かい作業を得意とする世代。
環境に合わせて能力を鍛える。

【天秤座】(1971〜1984年生まれ)

他者とのかかわりを広げていく世代。
枠組みを超えて人と人とをつなげていく。

【蠍座】(1984〜1995年生まれ)

愛する対象物を見つけ、一体化し、
深く物事の真理をさぐっていく世代。
その見つけ出した真理を他者へ広めていく。

【射手座】(1995〜2008年生まれ)

自由でおおらかな世代。
今までない新しい理想を作り上げる。

【山羊座】(2008~2024年生まれ)

社会における役割が大切な世代。
社会の枠組みを大きく変えていく。

私や杏子先生は乙女冥王星世代。
基本的には一つ挟んだサインどうしの価値観は折り合わせやすいと言われていますが、そうはいっても四元素も三区分も違うので対立します。

また、牡羊〜乙女までの6サインと天秤〜魚の6サインでは、自分だけ、と他者が関わってくるという大きな違いがあります。
自力でなんとかすることを良しとする乙女座世代と、相手ありきでパラサイトを良しとする蠍冥王星世代。
どちらがいいとか悪いとかではないですね。対象と一体化することによって自分にはない力を手に入れる蠍、強いw 乙女の限界を軽く超えられます。

乙女冥王星世代は環境から求められるタスクをこなすために、ひたすら能力を鍛え上げていかなくてはいけないので、欲しいものは他から手に入れるわなんて言われた日にゃ、なんじゃそりゃ〜となるわけです。
特に私や杏子先生みたいに土サイン太陽持ちは、冥王星の意識に自分のプライドを同調させやすいのでそう感じますね。
占いやってなかったら絶対理解できなかった事柄だと思います。
そして「イマドキの若いもんは…」とかぼやいていたことでしょうw

冥王星は3つ後ろのサインの冥王星で世代の価値観をぶっ壊し、4つ後ろのサインの冥王星で再構築します。
乙女冥王星世代なら、射手冥王星で壊して、山羊冥王星で再構築。
天秤冥王星世代なら、山羊冥王星で壊して、水瓶冥王星で再構築。
私は来年あたりにn乙女冥王星とt山羊冥王星がトラインになりますが、個人(乙女)でできないことは社会のシステム(山羊)を作って進めていきましょうとなりますね。
どちらにしても自己能力で、みたいな感覚は捨てていかないといけないわけです。

世代の価値観を違いを知っておくとね、同意できなくても理解はできるというか。
世代が違ってもお互いを尊重できると思います。