4/6お店日記転載記事です。


先日、木曜日の深瀬まる先生のブログに面白い記事が上がりました。

自分が苦手なことは得意な人に潔く委ねて、ともみん先生の脳疲労鍼灸セラピーを受ける。後半はコンプレックスの星、土星ネタ https://maru-goto.com/20190404/

タイトルにもある「土星ネタ」とは、エレメンツ別の土星の解説です。

この記事に飛ぶ前に、自分の土星のサイン(星座)を調べてみましょう。

まずこのページにアクセスして、お誕生日を入力し、ホロスコープを作成ボタンを押しましょう。
生まれた時間はわからなくてOK。

http://www.horoscope-tarot.net/

ホロスコープがでてきたら、すぐ下にある「このホロスコープの詳細」をクリック(タップ)。

次に開いたページの3番めに「天体の位置」というのがあり、「土星」の欄に何座と書いてあるか見てください。

星座ごとのエレメンツは以下の通り。
あなたの土星のエレメンツが何かをチェックしてね。

エレメンツ

火:牡羊、獅子、射手
土:牡牛、乙女、山羊
風:双子、天秤、水瓶
水:蟹、蠍、魚

私は牡羊の土星、火のエレメンツです。
まる先生のブログによると、「挑戦や冒険にコンプレックスを持つ」とのこと。
無謀な挑戦者となるか、過去に挑戦しなかったことを悔やむかの振り幅が大きいとも。

牡羊は特に「新しいことを」「ひとりで」「すばやく」挑戦する星座です。
この説明を読んで思ったのは、サターンリターン前は挑戦するのにとても腰が重く、サターンリターン後は比較的なんでもやってみるようになったなということです。
*サターンリターンとは、29~30歳頃に誰もが迎える、自分の土星の位置に、時期運の土星がめぐってくることです。自分の土星がもつこだわりを見直すタイミングになります。

バンド活動は学生の頃もやっていましたが、本格的に活動を始めたのは30過ぎてから。
キーボードがいないバンドがあるんだけど、やってみない?と言われて、よく考えずにそのバンドに入ってしまいました。(10年やりました)

スキューバダイビングも、30歳の頃に飲み会で初めて出会った人が「ダイビングやってます」という自己紹介を聞いて、「わたしもやってみたい!」と言ったのがきっかけ。
その人はダイブマスターという上のランクの認定の勉強中だったので、研修のための生徒役で来て、と言われ、初対面のその人といきなり一週間の沖縄旅行に行きました。
20年経ちましたが、今でもよい友人です。

土星は慎重な天体ではありますが、現実化する力や、継続する力も持っているので、おもしろそう!と火のサインの勢いで飛び込んだことが、私の場合は割と続きます。(牡牛力もあるしね)

みなさんの土星はどうでしょう?
水のサインの土星の「リラックスへのこだわり」はなるほど~! と感心しました。
人の感情に対して真摯に向き合う人も多いです。
まる先生の鑑定を聞いてるとすごくそう感じます。

さて、ここまでが長い前振りですが、クオリティ別に土星を考えてみたいと思います。

同じく、あなたの土星のクオリティが何かをチェック!

クオリティ

活動宮:牡羊、蟹、天秤、山羊
不動宮:牡牛、獅子、蠍、水瓶
柔軟宮:双子、乙女、射手、魚

どれにあてはまったでしょうか?

活動宮の土星は、人びとの代表となるべき人たちです。
しかし、若いうちは前に出たり上に立ったりすることをいやがります。
もしくは前に出過ぎたり上に飛び出過ぎたりして、周囲に叩かれたりします。
若いうちはまだ内実がついてこなくて、なかなか誰もついてこなかったりするわけです。
私は牡羊土星なのでここにあてはまりますが、出世欲とか、人を管理したい欲とか、リーダー欲とかさっぱりです。
政治家や社長になりたい人の気が知れない。笑
といいつつ、ひとりで社長をやっている、牡羊土星ですね。
さすがに歳も歳なので、ときにはそういう役割を担うべきなんだなとは思っています。
メンドくさいけど。←ダダ漏れる本音w
何の代表になったらいいかはエレメンツで考えてみましょう。

不動宮の土星は、スペシャリストになるべき人たちです。
等価交換のバランスがうまくいってない人が多いなというイメージです。
出しすぎて入ってこない(やってあげすぎて、ちゃんとリターンを得られてない)とか、もらうことばっかりでちゃんと出せてない(アウトプットできてない)と感じることがあります。
そこがうまくバランスが取れている人は、なにがしかのスペシャリスト、職人、アーティストとして一級品になっています。
自分のロマンを作り上げるために、インプットとアウトプットのバランスを取ることが大切です。
何を等価交換したらいいの? というのはエレメンツで考えてみましょう。

柔軟宮の土星は、サポートのスペシャリストになるべき人たちです。
柔軟宮というのは相手や環境に合わせて変容するサインですが、そこにこだわるを持ちすぎるあまり、とんでもなく自虐的になるか、自分を守るために環境に対してKYになってしまうイメージです。
しかし、うまく取り組めている人の場合は、環境にあわせてストイックに己を鍛え、優秀なサポートキャラになっています。
優秀なセラピストや占い師が多いのは柔軟宮土星ではないでしょうか。
己を何を鍛えるべきか? というのはエレメンツで考えてみましょう。

* * *

仕事で誰かと組む時は、私は社会天体を重視します。
火星、木星、土星がマッチングしているとやりやすいです。

火星:力の入れ方、行動の仕方
木星:いいねボタン
土星:こだわりポイント

エレメンツがあってると作業分担がうまくいきます。
クオリティがあってると、取り組むプロジェクトへの熱量というか、重量感があうので、良いです。
個人的にはクオリティはけっこう重要。(相性が悪いと読む人もいます)

長くなってしまったので、この辺の例は、自分のブログに転記するときに追記しようかな。
まわりの人も観察して、どこにこだわりを持っているかチェックしてみてくださいね。

追記

お仕事でなくても、趣味のサークルやPTAの役員などでも「社会活動」なので、社会天体の相性はけっこう重要です。
好き嫌いとかのレベルではなく、社会に向けてどう活動していく? ってことね。

私は火星牡牛で不動+土サイン。
他天体とのアスペクトも多いので、重量感ある火星を持ってる人と組むほうがやりやすいです。
以前のバンド仲間で見ると、仲のいい人ほど不動の火星持ちばっかり!
スクエアやオポジションは喧嘩になることもありますが、私は木星がスクエアであるために、対立関係にある火星もとくに気になりません。

木星どうしの相性は相乗効果でお客さんが増えたりモテたりしますね。
行き過ぎると収集つかなくなったり、お客さんの奪い合いになるのかも。(収集つかなくなることはよくあるw悪乗りしたりとかね)
私は不動+火サインですが、やっぱり同じ不動木星の人が組みやすい相手かな。

土星どうしの相性はこだわりを持つ部分や、目指す方向性なので、長期的になにかを成す相手でなければ考えなくていいと思います。
個人的には自分のい長所を過剰に絞るところに土星を持つ相手は、ちょっと気にするかな。
長期的に、という意味では、例えばまつい店長は山羊土星で活動+土サイン。
同じ活動どうしなので、お店の決めごとも即断即決でやっていくというところは合致していたのではないかと思います。

お仕事の相性などでは結構見るポイントなので、例えば上司や同僚の誕生日がわからなくても、干支や年齢がわかるだけでもざっくり判断はできますよ。

ミズマチ講座・イベント予定

4月20日(土)西洋占星術で見る金運・財運講座→
4月21日(日)大阪出張鑑定→
5月2日(木・祭)はじめての西洋占星術~天体ドロップで自分を知る!~→
5月4日(土・祭)イベント鑑定予定

*4/21は所要で大阪へ行く予定ですが、空き時間にカフェ鑑定をします。
 東京までは来れないけど受けてみたかったという方は、この機会にぜひおためしください。