昨日は天海玉紀先生の天中殺講座に行ってきました。
私は戌亥天中殺。
今年は戌年、立春を過ぎたら2年間の天中殺期間の始まりです。

でも、もう10年毎の大運天中殺は来てるんですよね〜
詳細は過去記事でどうぞ。

大運天中殺来た!

過去の天中殺でやらかした、おさらい記事もどうぞ。

天中殺の年を振り返る

玉紀先生の今年度の天中殺講座は大人気で、なんと3回目。
前回は全員が戌亥天中殺だったとか。
今回はかろうじてそうでない方々も混ざってました。

玉紀先生の初回のレポ
11/23「天中殺の過ごし方〜申酉から戌亥へ」講座レポ

さて、このレポにあるように、現実感薄い戌亥天中殺族。
心ここにあらずで現実に対処するのが下手…野心も弱い…とのこと。
対して、辰巳天中殺の人は真逆なのだそうです。
マメだから家のこととかちゃっちゃとやってくれるよ〜、と。

え。マジですか。
そういうマメな家政婦オットが欲しい!

私の向かいにやはり戌亥天中殺の、手相占い師の観心先生が座っていて、大きくうなずくふたり…
そう…私たちに足りないもの…それは現実味あふれる殿方♡
そして、講座終了後、過去のオトコの天中殺を調べ始めるふたり…

うんうんワカルよ〜
私も帰ってから調べたら、この人が辰巳天中殺でした。


Jon Bonjoviです。
かっこい〜♡♡♡

あ、この人日干同じだ。
でもそれ以外は真反対じゃないですか。身弱で、私が持ってない司祿と牽牛ばっかりで。
人はないものが欲しいんですね〜

でもリアルでこういうタイプに出会ったことないんですけど、いったいどこにいるんでしょうか!?

まあでも、Jon社長みたいな人がその辺にゴロゴロ居ても怖いわ。ファンだけど、身近に居たらこの人は大変だと思う…
玉紀先生が、「またこんな人を…」と言うのが目に浮かぶわ!
同じく参加されてた新潟の美海星蘭先生(やはり戌亥天中殺)によると、「え〜、でも辰巳の男性はねぇ…××でねぇ…」と放送禁止用語が…!www
そういえば確かに、

あ、いや、…いかん、脱線してしまった。

そんなことばっかりではなく、他の天中殺の特色もすごく面白かったです。
これも帰ってきてから、いろいろな身近な人を検証してみたりして。
ウチは父と甥が午未天中殺で、母と弟が申酉天中殺、義理の妹が寅卯天中殺なのですが、説明が心当たりありすぎてなかなかどんよりしましたw

そして重要なのは天中殺時期の過ごし方ですね。
現実感弱い私は、天中殺時期に現実的なものにこだわりすぎて失敗してるかもなと感じました。
過去記事にもありますが、会社を作るとか家を買うとかめちゃくちゃ現実的だし、会社は必要に迫られて作ってるのでともかく、家は見栄とか野心とかもあるかなぁと。

では何をしたら良いでしょう?

講座でいろいろ説明を聞いていて思い出したのが、12ハウス的過ごし方です。
こちらの玉紀先生のこの日のレポートにも説明があります。

《続》1/14「天中殺の過ごし方〜申酉から戌亥へ」講座レポ

たまたまなんですけど、私にとっては戌月、亥月は11ハウス、12ハウスなので、まさにそんな感じなのです。

そしてタロットで言えば、審判かな。

タロットの審判カードは多分、一番最後まで理解できなかったカードです。
いや、説明はわかるんですが、腑に落ちなかったんですよね。
11、12ハウスにまたがって海王星がいるのです。
でもあれは、とても12ハウスっぽいカード。
次のサイクルに向かうためのエッセンスを抜き出しているわけです。

これから2年間、どうすごそうかな〜と思っていましたが、なんとな〜くイメージが掴めてきました。
個別の相談は玉紀先生のところに相談に行ってね!

おまけ1
観心先生のレポはこちら

おまけ2
いずれトナカイで鑑定や講座をしていただこうと思ってますが、美海星蘭先生のレポはこちら。
昨日で良かった

おまけ3
同じく戌亥ーず、星詠みたリアさんのレポはこちら。

おまけ3
下記は、最初に玉紀先生の鑑定を受けた時のレポなのですが、読んでみると「2014年、2015年は動かないと陰転する」と言われてました。

玉紀先生の算命学鑑定

私、2014年後半から2015年の春くらいまでプチ陰転してた自信あるわ…!(そんな自信いらん)
ゲームしかしてなかったね!ドヤ

2015年の春にお店の移転が決まり、特に儲からないけどお店を手伝ってとまつい先生に言われて、結果的に利益にならないことに手を出しましたね。
レポを上げておくと検証できて面白いですね!