昨日もご来店ありがとうございました!
3/9のお店日記転載記事です。
追記なし、あとで別記事アップしますね〜


3/6にうらないブックシリーズ第3弾「ココロがよめる!? みんなで☆ハッピー 心理テスト」が発売されました。

こちらもぜひ!図書館にリクエストしてね!!

3/6(水)に天王星が牡羊から牡牛へ移動しましたね~
何か変化を感じたでしょうか?

私にとっては「占い」ではない、上記の本を出せたことでしょうか。
やったことのない分野でいきなり本番!みたいな感じでしたが、それこそ牡羊っぽいなと思いました。
やったことないとはいえ、占いの知識はみっしり詰め込んでますので、占いクラスタのみなさんはどこにその要素があるか探してみてくださいね。
そしてもちろん、何の知識がなくてもご家族やご友人どうしで楽しめる内容になってますので、どうぞご覧ください。

7年前に魚から牡羊に移動した際は、東北の震災があり、12サイン最後の魚から最初の牡羊へという落差のある移動だったこともあって、時代の変化を肌で感じとった方が多かったと思います。
柔軟宮から活動宮という流れも、時代が動いた感じがしますよね。
それに比べると今回は着地させる、固めて維持する流れなので、すぐに変化は感じにくいかもしれません。

来月は気軽な感じの牡牛天王星を活かす講座をやろうかな。
ちょっと案を練るのでご期待ください(やっと講座のことなどに気が回るようになってきたw)。

なんかお店日記のネタないかなーと思って、水晶で「私が牡牛天王星期間の7年間にすべきこと」を見てみました。
こんなざっくりしたテーマで、ブログに書けるような絵が見えるかしら? と半信半疑で見てみたのですが、見えたのがこちらです。

なんだか山の頂上か、もしくは崖の先っちょみたいなところに立ってるように見えました。
旗か、死神が持つ鎌のような形の物を手にしています。
左には何か三日月状のものが見えたり消えたりしてて、人なのか光なのかよくわからない。

なおも見てると画像が定まってきて、手にしているもので足元の土を掘っている姿になりました。
立っている場所も山の頂上で、富士山のお鉢みたいにすり鉢状にえぐれています。

自分で自分の足元をえぐる=立場を崩すということかと思ったけど、天王星の意味を考えると根底を崩すようなことはないはずです。
旗を立てた=自分が何者であるか、何をしたいのか、ということを、旗揚げし、周囲にも認知してもらえた7年間が過ぎた。
そしてこれからすべきことは、自分が蓄えてきたものを削って出していけということかなと感じました。

黙々と旗の柄で土を削ってる姿を見て「効率悪っ」と思いましたが、そういうのも含めて牡牛なんでしょうね~(-_-;)ヤダヤダ

水晶で見る「牡牛天王星期間の7年間にすべきこと」は水晶リーディングお試し枠でも、通常鑑定でも拝見できます。
通常鑑定枠の場合は、チャクラ対応の7シーンで見ようかな。お試し枠の場合はいつもと同じ、テーマとアドバイスです。
お気軽にリクエストくださいね。