先週土曜はがっつり4時間のアスペクト講座天体編、日曜は水晶リーディング講座、そしてレギュラー鑑定に起こしくださったみなさま、ありがとうございました。
土日通じて、何時間しゃべったことか…!

アスペクト講座は2年ぶり、もはや何回目の開講か不明なくらいやっている定番メニューです。
途中大きなリニューアルを2回くらいしていますが、それでも話は毎回少しずつ違いますね。
テキストを渡すので大筋はゆらがないですが、周辺エピソードは毎回ライブです。

そして昨日は私にとってはじめての水晶講座。
いつもは一方的にが〜〜〜っとしゃべりまくる講座ばかりやっていますが、この講座ばかりは実践が大事。
言ってみれば自動車教習所みたいな感じで、学科と実技をバランス良く、って感じなのです。
なので、間合いのとり方というか、バランスのとり方などを、やりながら探っていった感じでした。

それでも実技の入る講座は、いろいろなものが飛び出してきて面白いですね!
昨日はお題を作って、見えなくても(というか、そんなにすぐ見えるわけないので)浮かんだイメージをシェアしてもらいましたが、共通のイメージが見える人もいて、面白かったです。
(写真撮ればよかったー!)

盲検法と言って、みなさんから質問を集め、ランダムにその中から一つピックアップしたものの質問に答えるというのをしました。
質問を明かす前に、見えたイメージ、感じたイメージをシェアしてもらいます。
不思議と、同じキーワードが出てくるんですよね〜
いや、不思議じゃないのが水晶リーディングなので、むしろ共通項がまったくないとまずいのですけど(^^;)

何回かやったうちの一回は、私が出した質問になってました。

「来年の金運」!!!ドヤァ

それに対してお一人の方が、
「料理」「複数での食卓」「青いハートの柄のお皿」
というキーワードを出してくださった方がいらしたんですよね。

これが、びっくり!
実はここからが今日の記事の本題です。
そう、おとといお店日記に書いた預言カフェレポートには続きがあります。

楽しい引きこもりを目指して〜預言カフェ体験記〜

預言カフェを出たあと、玉紀先生がインナーチャイルドカードを持ってきてらっしゃるとのことで、お店を変えてカードを引いて遊ぶことにしました。

リンク先を読んでいただくと分かるんですけど、遊びっていうか何かスポーツの真剣勝負的な感じで誰も容赦なしw
少し遠慮しろおまいら…というようなやりとりでしたけど、まあ信頼があるから言えるところはあります。

引いたテーマは、インナーチャイルドカードで、「広げていくべきこと(木星)」「努力して取り組むべきこと(土星)」。チャクラカードで「取り組むべきテーマ」。

私が引いたのはこれです。


広げていくべきこと(木星) → ワンドのペイジ
努力して取り組むべきこと(土星) → カップのエース
取り組むべきテーマ → 第5チャクラ

ワンドのペイジは楽しそうなカードに見えます。
ゴーカート? ジェットスキー? と思いましたけど、いいのがありました。
風の谷のナウシカが乗ってるメーヴェです!

金沢の21世紀美術館にて


つい9月に金沢の21世紀美術館で見た!

身軽に世界を飛び回る!
もっと旅に出なくては、そしてもっと遠方でも仕事しよう!と思える1枚でした。
呼ばれていくというより、自発的に出かける感じです。

そして問題の1枚、努力項目…

「あー、はいはい、もっと周りと仲良くしろってことでしょ?(-_-;)」

これは一対一のやり取りというよりかは、周りの愛情とか思いやりに自分が支えられてるのだからそこにもっと甘えて良い、というふうに感じました。
蠍に木星が入ってから感じる私人のテーマは、愛情を素直に受け取る…だなぁと思います。
苦手なんだよね…
蠍味ある愛情は何か返せと言われそうでさ 笑

預言カフェでも、この時点では私があまり重要視してなかった、
「家族を祝福します。喜びの中にいる。ともに過ごす食卓がますます喜びになる」
という部分を他の先生方から突っ込まれました。
食卓を支えてくれる人を探すべきなのではないのかと。

そこで冒頭の話ですよ。

金運をたずねて出てきたキーワードと、このカードのイメージはとても良く似ているじゃないですか…!

食卓を囲む相手は、家族や友人やパートナーかもしれませんが、もっとドライな見方をすれば、食卓を支えてくれる人=収入=お客さまかもしれません。
意外なところでつながってびっくりしました。

ハートが青になっているのはいいかもと思います。
察するなどの高等技術を使わなくても、知性や言葉で繋がれるからです。
からの、これ! ↓

最後のテーマは第5チャクラですね。
のどのチャクラ。発言、表現、人に伝えることがまだ足りてないと。
言葉で伝えないと、気持ちも伝わらないということか!

それにしても占術や見る人、時間が変わっても出てくるキーワードが同じで、がっくりしますね〜
検証するのには、とてもおもしろいですけど。

情の受け取り方を考えていたせいか、夢にまで出てきました。

ここでは、携帯というものが伝達ツールの象徴として出てきます。
でも「探して」と言われて、夢では見つけられてない。
そんなにか。そんなにちゃんと伝えるべき人に伝えられてないのか…

なんかこう、短い期間にいろいろ見せつけられてがっくり。
みなさんもいかがですか、インナーチャイルドカードと水晶。
丸裸になれますよorz

*12/23に玉紀先生が、インナーチャイルドカードで2018年を読むという講座をされるようです。
 気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。→

ー追記
ここまでは昨日の夜中に書いたのですが、一夜明けてまた夢を見ました。

maru先生と八江先生が開店準備をしていて、「あ、木曜なんだ」と思っています。
でもまつい先生や美々子先生など、5〜6人の先生方がいて、ざわざわしています。
お客さんももう来ているのだけど、シャッターが何故か開いてない。

美々子先生が「じゃ、これから横浜だから!」と店を出ていってやっとシャッターをあけると、広い庭があってそこへ観葉植物を出します。
青空が見えてるけど、小雨がちらほら降っています。

とまあ、こんな感じの夢でした。
ちょっとだけ進歩が見られます。

整備されて何もないグラウンドが、緑が生い茂る小さいけど豊かな庭に。
土砂降りの雨は天気雨に。
出演人数も増えて、会話も弾んでいました。

水と土のバランスが取れて緑が生まれているし、携帯使わなくても会話が飛び交っていて、私の深層心理も少し譲歩した模様w

水晶やタロットなどを始めたら、夢日記をつけて客観的に分析してみると良いと思います。
西洋占星術がわかる方なら、上記のようにまずは四元素で出てくるもののイメージを分けてみてはどうでしょう。
印象深いアイテムが出てきたら、象徴辞典などで調べてみると良いですよ。