明日はウラナイトナカイにて鑑定です。
17〜21時、それより前は承れません。
ご予約はまだありませんので、お気軽にどうぞ。

鑑定メニュー・料金


今週は、天王星が牡牛から牡羊へ、そして木星が蠍から射手へ移動しました。
社会天体や世代天体が変わる時は、社会のムードが大きく変わるときです。

今年に入ってから、社会&世代天体がずっと、土サイン、水サインが多めでしたので、今年は変化を嫌う、保守的なムードが強まりました。
それまでに新しいことを始めていた人は、それらを固めて維持していくことで発展が望めたのですが、これから始めようとした人たちには苦しい1年だったのではないでしょうか。

来年1年、特に、来年の3月までは、天王星と木星が火のサインにあり、新しいことに着手し広げていくチャンスです。

今年、うまくスタートできなかったとか、広がりがなかったという人は、ぜひがんばってみてください。
種まきには絶好の半年間になるはずです。

逆にここで始めておかないと、2020年に新たなスタートを切るのは難しくなります。
2020年は目標に向かってたんたんと頑張る年。
広がりもあまりありません。

次に火のサインが強まりそうなのは、2023年。
これから半年間のすごし方は大事です。

反面、火のサインが強くなる時期は、事故やトラブル、暴力沙汰なども増える時期です。
イライラは行動力に変えましょう。
スポーツするのでも構いません。

もともと火のサインが強い人は、気が大きくなってやらかしがちになるので、慎重さは忘れないでください。

風のサインが強い人はチャンス。
シミュレートしたことを行動に移していく時期です。
周囲の目を気にしないことが大切。

土のサインが強い人は、攻撃的になりすぎないよう注意が必要です。
正義感やルールを振りかざすより、遊び心とゆとりを忘れないで。

水サインが強い人は心がざわついて落ち着かないかもしれません。
周りの人といっしょにがんばっていくことを心がけるとよいでしょう。

どんどん新しいことをためしてみてくださいね。

詳しい来年の流れを知りたい方は、どうぞ天海玉紀先生とのコラボ講座「東西占術で2019年を読む」にお越しくださいませ。

12/27(木)天海玉紀&ミズマチユミコ「東西占術で2019年を読む」