11/3お店日記転載記事です。


10月からの金星逆行が続いていますが、11/1から蠍から天秤に移動しました。
先月はとにかく不倫のお話が多かったですね。
金星の逆行=先行きのあやしい恋愛をこのまま続けてていいの?ということだったのだと思います。
特に前半は水瓶火星と90度ができていて、水瓶っぽいイケメンorイケジョを影から蠍ちゃんが追いかけているような形。
しかし山羊の土星や牡牛の天王星が、社会的制裁とか、お金の問題を絡めてきそうな形ができてました。

西洋占星術の相性で見ると、不倫の関係になりやすい形や、不倫から脱出しにくい形があります。
それはいわゆる「二人のキャラクターが似すぎている」「相性が良すぎる」組み合わせ。

スタートが不倫だったとしてもお互い現在のパートナーとしっかり別れて、ちゃんと結婚し直す人たちももちろんいます。
でも上記のような形だと、むずかしいな~という感じです。
恋愛→結婚というのは、フリーの独身者であっても、いくつも現実的で面倒くさいハードルを乗り越えなくてはいけないので、現状の関係が心地よすぎるとその先にいかないんですよね。

今は金星が天秤に入ってしまったので、金星が蠍にいた間にグダグダ悩んでいたこともそろそろ白黒はっきりさせるかという流れでしょう。
「将来とか社会的な体裁なんか考えず、今を楽しめる関係性ならいいわ」とするのか、それとも「周りにパートナーとしてお披露目できないような人はお断り」となるのか、という感じです。

11/16には金星が順行になるので、下旬には答えが出るのではないでしょうか。
折しも天王星も牡羊に戻って、金星の甘えをばっさりと切ってくれそうです。
ちゃんとパートナーとしてお披露目できる相手が欲しい、ちゃんと将来は結婚したい、そんな人にはばっさり断ち切るチャンスになりますよ。