今日はウラナイ・トナカイにて鑑定です。
12時半までご予約済み。
12時半〜16時半はご予約の方のみ受け付けます。
17時〜21時はフリーです。ご予約もまだありませんので、お気軽にどうぞ。
http://tonakai.her.jp/
03-3220-9477


先ほど今日のお店日記に月から見る対人関係のことを書いたのですが、こちらでは裏モードで書こうと思います。対人関係のトラブルは見るポイントがいくつもあるのですが、本人の力ではなかなかどうしようもない問題のほうです。

そのひとつとしてあげられるのが、リリス(月の遠地点)です。

リリスはホロスコープの目立つ場所にあると、理不尽な対応を受けることがあります。目立たないようにしているはずなのに、なぜか自分だけ怒られたりいじめられたりするなどという場合がそうですね。

フェロモンポイントとしても見ますが、要するに「いじられポイント」。ちょっかい出しているほうに悪気はなかったりします。セクシーに見えてからかいだけだったりね。でもやられる側はからかいではなく、セクハラと感じたりして、けっこうダメージを受けます。

リリスの教科書的な解説は物事が現実化を阻害されるとか、雲散霧消するとかです。単純にその方の持つダークサイドっていうんでしょうか。闇の部分として見ることもあります。ただ鑑定の現場では、いじめを受けるとか、やっかみを買いやすいとかの話が出てきたら、リリスの状態を真っ先にチェックしますね。

対処法は人によって違いますが、リリスが目立つということを逆手にとった活動をするのが一番良い方法です。例えば、そのリリスのサインに関わる事柄の闇の部分を取り扱うような活動ですね。リリスに対して他天体のアスペクトが豊かな方は特にそういった事柄に取り組むといいと思います。

リリスについての解説はこちらの本が詳しいです。

もう中古しかないんですね…しかも値段が上がってる。古書店で見かけたらぜひゲットしてください。
今、自分のサインのリリスの説明文を読んで真顔になりましたよw
占い師をやるべきだったんだな〜と。
鑑定では優先的に見るポイントではありませんが、対人関係や相性で注目するとなかなか興味深いです。
理不尽なトラブルに巻き込まれやすいかたは一度チェックしてみてくださいね。